閉じる
メインナビゲーションをスキップする

あらゆる国の開拓者

「わたしにできる最も小さなこと」

あるタスマニア人家族が神殿参入のために払った犠牲

1958年にニュージーランド・ハミルトン神殿が奉献されたとき,ベンダー家族は奉献式に出るためにあらゆるものを犠牲にしました。

貴重な収蔵品

「信仰の礎」展

教会歴史コレクションに収められている貴重な品々

オンラインおよびソルトレーク・シティーの教会歴史図書館で閲覧可能なこの新しい展示会は,その最も貴重な記録の一部によってイエス・キリストの教会の回復の物語を伝えるものです。

信念をもった女性

スーザ・ヤング・ゲイツと死者の贖いに関する示現

教義と聖約 第138章

スーザ・ヤング・ゲイツは,当時,最も有名な末日聖徒の女性の一人でした。不屈の行動力と意志を持つ彼女が最も力を注いだのは系図と神殿活動で,彼女は10年以上もの間,その分野における末日聖徒の主唱者でした。

回復の預言者

最初の示現―ジョセフ・スミスの記録からの記述

ジョセフは人生で初めて声に出して祈ろうと決心しました。ジョセフ・スミスの最初の示現は末日聖徒の歴史の基礎となるものです。ジョセフ・スミスは示現に関する直接の記録を4件残しています。さらに,ジョセフが示現について語るのを聞いた他の人々も,5件の記録を残しています。以下の記述は,これらの記録全てから詳細をまとめたものです。

啓示の背景

「人もまた初めに神とともにいた」

教義と聖約 第93章

ジョセフ・スミスは,男女は神と同様に永遠の存在であり,神のようになれることを知りました。ジョセフは明らかにされた確信をもって語り,このように教えています。「魂,すなわち人の精神は,どこからやって来たのでしょうか。学者や神学博士たちは皆,神が初めに霊を創造されたと言っていますが,そうではありません。わたしはもっとよく知っています。神がわたしにこのことを告げられたのです。」

見よ,あなたがたの間で記録を記さなければならない。

教義と聖約21:1