啓示の背景

    教義と聖約の各章に関する背景

    「啓示の背景」を研究する

    教会歴史関連資料

    回復の預言者

    ジョセフ・スミス・ジュニア(1830年4月-1844年6月)
    「主の預言者であり聖見者であるジョセフ・スミスは,ただイエスは別として,この世に生を受けた他のいかなる人よりも,この世の人々の救いのために多くのことを成し遂げた。…… 彼は神とその民の目に偉大な者として生き,偉大な者として死んだ。」
    ブリガム・ヤング(1847年12月-1877年8月)
    預言者ジョセフ・スミスの友人であり擁護者でもあったブリガム・ヤングは,預言者の死後の聖徒を導くために備えられました。先見の明に長けた指導者であったヤングは,聖徒たちを率いてグレートベースンへと向かい,その地の神殿や生活様式は「国々への旗」となりました。
    ジョン・テーラー(1880年10月-1887年7月)
    神にかかわる事柄に対する鋭い感受性を常に持ち続けたジョン・テーラーは,受けた促しに従って行動しました。忠実な宣教師であり,有能な著述家,思いやりに満ちた指導者でもありました。その神に対する信仰は,テーラーが仕えた人々すべてにとって模範でした。
    ウィルフォード・ウッドラフ(1889年4月-1898年9月)
    教会歴史における最も優れた記録者の一人であったウィルフォード・ウッドラフは,すばらしい宣教師であると同時に,教会の擁護者でもありました。その福音に対する献身によって,困難な時代にあって教会を導きました。
    ロレンゾ・スノー(1898年9月-1901年10月)
    ロレンゾ・スノーは最初の示現の前に生まれ,教会を20世紀まで導いたのです。 明確なビジョンを持った,恐れを知らない宣教師であり,人々に必要なことを断固として行う指導者でした。
    ジョセフ・F・スミス(1901年10月-1918年11月)
    ジョセフ・F・スミスは,決して臆することなく神の王国を擁護し,回復されたキリストの教会の教義を説き明かしました。そして神会の性質や人の起源,死者の贖いに関する明確な理解を提示しました。
    ヒーバー・J・グラント(1918年11月-1945年5月)
    夫に先立たれた母親と扶助協会の姉妹たちに育てられたヒーバー・J・グラントは今日まで,親切,堅固な労働理念,自己訓練といった徳質を体現する末日聖徒として知られています。グラントは,聖徒たちが戒めを愛し,主の業に全身全霊をもって携わるよう助力しました。
    ジョージ・アルバート・スミス(1945年5月-1951年4月)
    忠実な受け継ぎのもとに生まれたジョージ・アルバート・スミスは,その忠実さを自ら体現する者となることを望んでいました。生涯の間,自分自身を向上させるよう努め,ほかの人にも同様にするよう勧めました。また貧しい人や困っている人を心に掛け,彼らを絶望から引き上げるために尽力できるよう神に願い求めました。
    デビッド・O・マッケイ(1951年4月-1970年1月)
    デビッド・O・マッケイは堅固な家庭と家族の重要性について理解し,解き明かしました。また,すべての教会員が宣教師であって,キリストに従う模範となるべきであると教えました。
    ジョセフ・フィールディング・スミス(1970年1月-1972年7月)
    写真とビデオによるジョセフ・フィールディング・スミスの生涯と教導の業の概要。
    ハロルド・B・リー(1972年7月-1973年12月)
    ハロルド・B・リーは若いステーク会長であったとき,ステーク内で貧困にあえぐ会員に助けの手を差し伸べ,後には,教会の福祉プログラムの発展を管理しました。また,その教えを通して,教会員に霊的な養いも与えました。
    スペンサー・W・キンボール(1973年12月-1985年11月)
    スペンサー・W・キンボールは教会員に対する愛によって,多くの人から慕われました。その教えは,困難に立ち向かう人々に希望をもたらしました。幾度も熱烈に祈りをささげ,答えを求めた結果受けた啓示により,すべてのふさわしい男性に神権が与えられるようになりました。
    エズラ・タフト・ベンソン(1985年11月-1994年5月)
    農業分野で働いた経験は,エズラ・タフト・ベンソンが使徒として第二次世界大戦後のヨーロッパにおける教会の救援活動を先導し,教会のために関係を築く備えとなりました。預言者として,ベンソンは末日聖徒に,モルモン書で洪水のごとく地を満たすように,また高慢に対する警告を心に留め,キリストに自身の内なる性質を変えていただくよう勧告しました。
    ハワード・W・ハンター(1994年5月-1995年3月)
    ハワード・W・ハンターの働きと教えを伝えるビデオや画像から,ハンター大管長の福音への献身と神殿への愛を知りましょう。
    ゴードン・B・ヒンクレー(1995年3月-2008年1月)
    ゴードン・B・ヒンクレーは,持ち前の前向きな人柄と,説明責任を重んじる姿勢を末日聖徒に示しました。 彼は聖徒に神殿をもたらし,教会を暗黒から連れ戻し,青少年を強めました。
    トーマス・S・モンソン(2008年1月-2018年1月)
    トーマス・S・モンソンは子供のころから,周りの人々に仕え,思いやりを示すことを学びました。また御霊の促しを受けたときには,その促しに従って行動する必要があることを学びました。思いやりを示し,御霊の声に耳を傾けることにより,多くの人の人生に祝福を与えてきました。

    教会歴史を体感する

    教会歴史を研究する

    クイックリンク